スマホ決済はクレカとポイント2重取りでお得に

スマホ決済はクレカとポイント2重取りでお得に

今年の4月から全国のローソンで「d払い」が利用できるようになりました。

スマホアプリで画面にバーコードとQRコードを表示させ、レジで読み取るだけで簡単に決済が完了!支払いはあらかじめ登録したクレジットカードに請求される仕組みです。

このようなQRコード決済は、すでに中国では「支付宝(アリペイ)」「微信支付(ウィーチャットペイ)」が普及し、キャッシュレス決済が一般化しています。

スマホ決済の日本への普及は?

スマホ決済は、クレジットカードや電子マネーとは異なり、特別な読み取り機器が不要で、導入コストや決済手数料が低く抑えられるのが特徴です。

そのため中国では、個人経営の商店にまで導入が進んでいます。

一方日本では、現金払いが主流でしたが、スマホの普及率を考えると、QRコード決済も合わせて普及する可能性が高くあります。

すでに楽天ペイ、LINE Pay、Origami Pay、などがサービスを開始しています。今後も、ヤフー、メガバンク、りそな銀行や地銀なども続々と参入する予定にあります。

ですが、スマホ決済に参加する企業が増える中で、我々消費者にとってのメリットは何でしょうか?

決済金額に応じたポイントが貯まる!

まずは、クレジットカードのように決済金額に応じたポイントが手に入ります。

d払いではdポイント、楽天ペイでは楽天スーパーポイントが、0.5%付与されます。LINE Payは現在ポイント付与については検討中です。

さらに実際の代金が請求されるクレジットカードのポイントもつくので、「2重取り」となりクレジットカードだけで支払うよりお得になります。

もしスマホ決済が可能なお店ならば、QRコード決済を選択した方が今後お得になりそうです。

もう一つのメリットは貯めたポイントを、支払いに充当できるということです。

dポイントや楽天スーパーポイントは、これまで加盟店でしかポイントを使えませんでしたが、決済に直接充当できればポイントとしての使い方が広がります。

例えば楽天の加盟店ではないローソンで楽天ペイで支払えば、楽天スーパーポイントで支払うことが可能です。

※ローソンでも独自のスマホ決済をテスト中のようです。
アプリを利用した店内どこでも決済 4月23日(月)より東京都内の3店舗にて実証実験スタート

スマホ決済は決済による割引も!

さらなるメリットは、割引、特典が多いことがあります。

Origami Payではポイントではありまでねんが、多くのお店で購入時に2%オフとなります。期間限定のキャンペーンでは10%オフになる場合もあり、還元率としては非常に高くなると思われます。

これからのスマホ決済の普及で、ポイントが貯まりやすく、お得に支払いできる時代がきているようです。